院長室

« 1月 2023 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

3点値上げ

毎度毎度、値上げのお知らせで恐縮です。

 

〈鍼治療〉

鍼治療なんて原材料ないやーん!と思われがちですが、鍼も灸も

消耗品でこれらが値上がりしたためです。

・初回5000円 → 6000円

・再診4000円 → 4700円

・6回券22800円 → 26700円

・10回券35500円 → 42300円

 

〈MCTオイル〉

これは原材料の価格上昇によるものです。ココナッツオイルは値上げ

情報ないんですけどね。

・MCTオイル(大)1814円(税込) → 2182円(税込)

・MCTオイル(小)950円(税込) → 1077円(税込)

 

〈EAT自己処置液〉

塩化亜鉛液の価格が3倍以上になったためです。このキットは当院で

EATを受けている方のみの販売で通販もありません。EAT自体の価格

は据え置きです。

・開始セット2016円(税込) → 2300円(税込)

・継続セット998円(税込) → 1200円(税込)

 

全て、2023年1月からの適応となります。新年早々、いやーな気分

にさせてしまいますが、御理解の程、宜しくお願い申し上げます。

2022年11月25日 金曜日

カテゴリー 院長室

タグ

またやっちまいまして

以前発症した前頭葉のてんかんがまた出ました。昨日の昼過ぎ

からうまく話せなくなって、メールも打てなくなりました。

母は慣れたもんで、九九を質問されて答えられず、はい、ブー!

ってなもんでして、万が一てんかんじゃなかったら困るので

診療をお休みさせて頂いて病院へ。いざ診療をしても会話が成り

立たない可能性も大いにあったし。

 

幸い、脳CTにも血液検査にも異常はなくやはりてんかんの診断

で内服薬を増量する指示が出ました。ひとまずほっとしましたが、

休診にして診療日を変更して頂いた皆様には大変なご迷惑を

おかけ致しました。すみません。もう今後はないようにします…

と言っても原因が定かじゃないんですよね。

 

今回に関しては風邪が切っ掛けだったような気もしていますが。

現在はこのように文章も打てておりますので、どうぞご心配

なさらず。今後もご愛顧頂ければ幸いです。m(_ _)m

2022年11月20日 日曜日

カテゴリー 院長室

タグ

「RRR」/「MONDAYS」

奇跡のS級タイトル連発!タイトルだけ見るとハリウッド映画の

ようですが、「RRR」はインド、「MONDAYS」は日本映画です。

 

まずは「RRR」。激熱アクション映画。それに尽きます。もちろん

インド映画なので長尺(179分)、歌・ダンス必須、加えてジョン・

ウィックばりに不死身な主人公達(笑)、ドラゴン・クエスト並み

に効く薬草(笑笑)、無限の弓矢(爆笑)などアクションのハチャ

メチャぶりに上乗せしてツッコミ所満載です。

 

けど熱さが半端ないんです。それこそマーヴェリックに血湧き肉躍った

人ならば、同様の体験をすることを約束しましょう。マーヴェリック

はCGを極力使わず徹底してリアルに拘りましたが「RRR」はむしろ

CGをふんだんに使って“楽しさ”に振っています。これは恐らく設定が

1920年代の大英帝国がインドを植民地化し人として扱っていない

時代が背景だからだと思います。実際に主人公の名前も実在の革命家

から取られていますし、エンドロール中の超長いダンス(笑)にも

歴代の革命家たちが映し出されます。

 

奴隷や革命を扱って陰鬱な雰囲気になるのを嫌って“楽しさ”を演出

したんでしょう。監督さんはS・S・ラージャマウリさん。実は数年前の

「バーフ・バリ」の監督さんです。僕は天邪鬼ゆえ敢えてバーフ・バリ

旋風を無視しましたが、謹んで鑑賞させて頂きます。

 

そして「MONDAYS」。実はこちらが本命なのですよ。いわゆるワン

シチュエーションもので既知の俳優さんもほぼおらず、そしてタイム

リープがネタ。つまり超低予算映画です。低予算映画はアイデアが全て

ですが、タイムリープものは数多作成されてきましたし、卓出した

ヒネりがないと化けません。それを見事にやってのけました。

 

主人公は広告代理店に勤めていますが、なぜか1週間が繰り返される。

後輩に気付かされ、一人、また一人と覚醒しリープの謎を追い始め

ます。そして後半、思わぬ方向へ展開し…。

 

上映は82分だし、歌もダンスもない(笑)のですが、とにかく

脚本が上手い。…で検索してみると脚本は夏生さおりさん、監督は

竹林亮さん。いや、知らんて。でも本作を機にきっと覚えるでしょう。

俳優さん達もほぼマキタスポーツさん以外、無名の方々でしたが

とても上手でした。観終わった後は無性に可愛らしく感じることで

しょう。こういう俳優さん達が活躍できる映画界になるといいですね。

あと、エンドロール後にワンシーンあるので気を付けて。

 

僕も踊りながら書いていたので(ウソ)つい長くなってしまいましたが、

やっと映画界に活況が戻って来た感じです。公開2年延期!なんていう

クレイジーな状況にならないよう、盛り上げていきましょう。(^ ^)

2022年11月9日 水曜日

カテゴリー 院長室

タグ

カロリーとは何ぞ

ダイエット中の女性には悪魔の言葉に聞こえるやも知れ

ませんが(笑)、カロリーとはエネルギーの単位です。メートル

とかグラムと同じ。人間にとってエネルギーになり得る

のは糖とアミノ酸、脂肪酸だけで、ゆえにこの3つを3大

栄養素と言います。

 

実際にはアミノ酸は一旦糖になってからエネルギー変換

されるので実質、糖と脂肪酸の2つです。で、この2つが

エネルギーに変換された時の単位が「カロリー」なんです。

 

ポイントは“変換された時の”です。通常は脂肪酸の方が

糖よりも倍以上のエネルギーになるので「高カロリー」と

評されます。しかしながら言い換えれば少ない量で多くの

エネルギーが得られるわけで、燃費が良いとも言える

のです。

 

「カロリー=肥満」と脳内変換してしまっているせいで、

低カロリーの方がヘルシー!となりがちですが、これも

言い換えれば燃費が悪い、となるわけです。そして糖と

脂肪酸の最大の違いはインスリン分泌を促しやすいか

どうかです。低カロリーの糖の方が圧倒的にインスリン

分泌を誘発するので、脂肪合成が促進されなかなか痩せ

ないんですね。

 

最近ではあらゆる商品にカロリー表記がされていますが、

見るべきはそこではなく、糖がどれだけ入っているかです。

成分表示に必ず書いてあるので、そこを見て買うように

しましょう。カロリーを嫌いにならないでね。(笑)

2022年11月5日 土曜日

カテゴリー 院長室

タグ

糖管理の難しさ

栄養療法の考え方を端的に言えば「過剰は減らし、不足は補給する」

と言うことになります。なぜ過剰なのか、なぜ不足なのかがさらに

重要なのですが、まずは自身の過不足状態を知ることが第一と言える

でしょう。

 

過剰で一番多いのはやはり糖質です。糖質過剰は漠然と糖尿病のリスク

と知られてはいますが、実際には疲労感、めまい、不眠、冷え、動悸、

骨粗鬆症など多岐に亘ります。逆に言えば糖過剰を減らすだけで色々な

症状の改善が期待できると言うことでもあります。

 

糖過剰なら糖を減らせば良い、と考えがちですがこれは治療をミスる

原因にもなります。なぜなら糖過剰でなくても血糖上昇や低血糖を

招くことがあるからです。意外なところではビタミンB群の不足。

ビタミンB群はALTという酵素を活性化するために必須ですが、ALT

は血糖を維持するために利用されるのです。

 

ですからビタミンB群不足の方は血糖維持がうまく行かず、上記の

ような症状がつきまとうのです。ビタミンB群は他にも脳ホルモンの

合成やタンパク質の合成にも必須なので、我々がビタミンB群不足を

嫌う理由が分かると思います。

 

そして意外に多いのが脂肪肝です。肝臓は食事で摂った糖質を一時

貯蔵する機能がありますが、脂肪肝になるとこの機能が低下します。

すると食後貯蔵できないために大した量の糖質量でなくても血糖値が

急上昇します。するとそれを補正しようとしてインスリンが過剰分泌

するので、また上記の症状が出やすくなりますし、脂肪肝も悪化

し悪循環にはまります。これはインスリンが脂肪合成能を持つから

です。

 

かように、糖過剰の方は口が卑しいわけではなく(そういう人も

いるけど 笑)他の栄養素が絡んでいる場合もしばしばあるのです。

ただただ糖質量だけ制限する治療は避けるべきと理解して頂けるかと

思います。

2022年10月24日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ