院長室

« 7月 2024 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「Winny」/「シン・仮面ライダー」

今回もまた邦画2本。快作と怪作です。(笑)

 

まずは「Winny」。これは実際にあった事件をモデルに

していて、顛末に詳しい方には少し退屈かも知れません。

僕は幸い聞きかじっただけで詳細を知らなかったので

大変楽しめました。

 

Winnyというソフトにより動画や音楽が自由に入手できる

ようになり、本来使用する者に罪があるべきのところ、

開発者の金子氏が逮捕される。これを不当逮捕とし、

裁判で無実を勝ち取るまでのお話です。

 

純粋に世界のために開発しただけのKYな部分もある(笑)

金子さんを東出昌大さんが好演しています。また彼を

助ける弁護士を三浦貴大さんらが演じ、非常に緊迫感の

ある作品に仕上がっています。Winny初心者は是非。

 

そして「シン・仮面ライダー」ですよ。エヴァはさておき、

ゴジラもウルトラマンも仮面ライダーも放映時には僕は

産まれていないので、直撃世代ではありません。今作は

そういう直撃世代がニヤニヤしながら観る作品です。

 

過去作へのオマージュは全く問題ないし、むしろ2度

3度と作品を楽しめるギミックだと思いますが、それが

むしろメインになってしまうと若干冷めるわけですよ。

本来、芯があってのオマケ要素みたいなもんですからね。

 

今作で致命的なのはセリフと演技が壊滅的にひどいこと。

狙って当時の雰囲気を出そうとした、と言われても、

いや今作をまず大事にしろよ、と言いたくなります。

主人公を助ける国家エージェントの名前が「立花」と「滝」

だったのは面白かったですが、そーいうことじゃねーんだよ、

とツッコミを入れました。(^ ^;)

 

「シン」シリーズは恐らく今後も続くでしょうが、ヲタ

全開映画にならないことを祈ります。

2023年3月28日 火曜日

カテゴリー 院長室

タグ