院長室

« 7月 2024 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

歯の漢方薬

耳とくれば歯!ということで(そんなこたぁない)、歯痛に

対する漢方薬について考えてみましょう。

 

口内炎や顎関節症の痛みに対する漢方薬は数あれど、純粋に

歯の痛みとなると意外と難しいものです。保険適応されている

ものでは立効散(リッコウサン)が有名ではありますが、生薬構成

を見ると、生薬数が少ないので速効性は期待できるものの

温める作用のある細辛(サイシン)が配合されているので、効く

場面が限定されそうです。

 

我慢できない歯痛の場合、微小なものを含め化膿による炎症

に起因しているものが多いので、どちらかと言うと“冷やす”

効能を持つ生薬が配合されているものを選ぶのが良さそうです。

 

そうすると、石膏、黄連、黄芩、柴胡、葛根あたりの生薬が

配合されている漢方薬が優先的に考慮されます。強烈に痛む

患者さんが目の前に居たら、僕なら黄連解毒湯をベースに

桔梗石膏か越婢加朮湯を処方しますかねぇ。もちろん他の

漢方的所見を勘案するのも重要です。

 

歯科医にも漢方薬を処方する権限はあるのですが、保険適応

となる処方が極端に少ないのが現状です。立効散なんてそんなに

ムニョムニョ…

 

今回は漢方薬で、というのが前提でしたがもちろん、西洋薬

が優先でしょう。鎮痛剤+抗生剤がオーソドックスな処方

だと思います。西洋薬が何らかの事情で飲めないとか、既に

飲んでいる方にとっては漢方薬は充分アリ!です。

2023年5月14日 日曜日

カテゴリー 院長室

タグ