院長室

« 1月 2023 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

「すずめの戸締まり」/「ある男」

映画界の反撃はまだまだ続きます。「すずめの戸締まり」は

楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか。

 

さてその「すずめの戸締まり」ですが、新海誠監督ということ

で、(映画館側の)期待値が高すぎるのか1日に10回以上も

上映しています。(笑)

 

冒頭主人公は謎の男性と出会い、なぜか声をかけられ、不思議

と後を追いかけます。そこで地下に潜む「ミミズ」に襲われ…

という何とも雑な展開。(^ ^;)いや、これは新海監督、やっち

まったなと思いましたが、すみません完全に誤解でした。

 

後半は徐々に新海監督の真の目的が明らかになっていきます。

トリハダですよ。今だからこそ描ける、そして描かねばならない

テーマでした。感服。

 

そして「ある男」(原作は未読)。先を読ませない脚本と(無駄に)

豪華な俳優陣の演技の安心感が心地良かったです。

 

離婚して地元の文具店で働く女性と画材を買いに来る客が恋に

落ちて再婚し幸せに暮らしていたが、夫が事故死してしまう。

1周忌で弔問に来た兄が遺影を見て「別人だ」と…。

 

さあ夫だった人物は一体何者なのか、という謎を追うミステリー

なんですがミステリー部分はあくまで表面的な目眩ましであり

本質は人間のアイデンティティを問う作品でした。二兎を追う

ような感じですが、恐らくそれは恣意的な演出でしょう。よき。

 

いずれも何度も観たくなる類の作品ではなかったですが、邦画

もまだ捨てたもんじゃないぜ!と思わせるには充分なデキでした。

でもやっぱ「アバター」に期待しちゃうなぁ。

2022年11月27日 日曜日

カテゴリー 院長室

タグ