院長室

« 10月 2022 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ミネラル重視に

寒さは一段落し、鼻炎の最盛期も過ぎようとしています。まだ

ヒノキの人はこれからかも知れないですけども。

 

さて、1年の中で最も過ごしやすい季節かも知れない現在、

気を付けるべきはミネラル補給です。ミネラルはバランスが

重要なので1年を通して大切ではありますが、気温の上昇と

共に発汗によって失われていくので、暑くなる前の現在のうち

にミネラル補給をしておくことの重要性があるわけです。

 

ミネラルは鉄や亜鉛、カルシウムやマグネシウムなど何種も

必要です。中でも栄養療法で注意しているのが、鉄とマグネ

シウムの不足です。この2つは重要性が高い割りに検査で

不足が見逃されやすいからです。

 

例えば、疲れや冷え、生理の不調の裏には鉄不足がある場合

が多いですし、筋肉のこわばりや不眠、イライラの裏にマグ

ネシウム不足が散見される、と言った具合です。どれも結構

一般的な症状ですよね。そして一般的なのに、これといった

治療法がない、とも言えます。

 

ここで、しっかり栄養療法的な検索をしておくとミネラルの

不足が明らかになって整合性のある治療が開始できるんです。

特に中学生になって上記のような症状が出た場合は要注意

です。子供だから大丈夫だろう、多分。という楽観視(^ ^;)

はやめて一度検査しておいた方がいいです。何せ成長期は

大人が思うよりもずっと日々栄養素を消費していますから。

 

巷には「成長に必要なミネラル配合」とか、「ストレスフル

な人のためのマルチミネラル」と言った聞こえの良い商品

が売られていますが、ミネラルはバランスが重要ですので

まずは検査して現状のバランスを知ることがとても重要です。

2021年4月26日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ